ようこそ根室ネイチャーセンターへ

お知らせ:ホームページのデーターベースが壊れてしまったため。

新しくホームページを作り直しております。

しばらく見られないページがあり大変ご迷惑おかけしますが、ご容赦ください。

メールでのやり取りはできますので情報が必要な場合はメールにてお知らせください。

根室は野鳥の宝庫!

実に370種類ほどの野鳥が確認されています。日本の野鳥の2/3を占める種類の多さです。 日本で一番の野鳥の種類を確認できる場所と自負しています。 世界の憧れの場所,四季を通して野鳥を楽しみましょう。 初心者の方でも安心!どんな鳥との出会いがあるか楽しみですね ここでなければ会うことのできない鳥たちもいます。 夏には,草原や森に本州で冬をすごした鳥たちがやってきます。その見事なさえずりときれいな体を楽しみましょう。ノゴマ(Siberian Rubythroat)・ベニマシコ(Long-tailed Rose Finch)・ユキホオジロ(Snow Bunting)・オオジシギ(Japanese Snipe / Latham's Snipe)・シマエナガ(Long-tailed Tit /white head)・シマフクロウ(Blakiston's Fish Owl)・タンチョウ(Red-crowned Crane)・エゾフクロウ(Ural Owl/Hokkaido version)・エトピリカ(Tufted Puffin)・ケイマフリ(Spectacled Guillemot)数え上げたらきりがありません。

冬にはご存知ワシの王者,オオワシ(Steller's Sea Eagle)とオジロワシ(White-tailed Sea Eagle)がシベリアからやってきます。森の木の枝には,信じられない数のワシたちがこちらを見下ろしています。一人旅にも安心なツアーをご用意しました。お一人でもバードウォッチングは参加可能です。お気軽にお問い合わせください。

根室は最後の秘境!!

知床半島から野付半島・風蓮湖に至るまでまさに最後の秘境にふさわしい!

山と湿原に囲まれた環境が人に感動をもたらす。日本国内なのにカナダやアラスカにいるような驚きの自然。

真冬には,海が凍る。割れた氷が流れて流氷に…そう,ここは流氷が出来る街

不思議な感覚,どこまでも平坦な大地!開陽台から遠く野付半島まで見渡せるその景観は感動の一言。

野付半島から根室半島にかけては,湿原の歴史を目の前で!湿原ができる初めから途中経過そして湿原が出来上がるその歴史が現在進行形で目の前に高山植物が目の前の平地にある根室,原始の川には幻の魚イトウの存在が。

  • 集合場所:道の駅スワン44ねむろ(地図はこちら)
  • 所在地: 〒086-0073 北海道根室市酪陽1番地
  • 電話: 0153-25-3055
  • 根室管内にご宿泊の方は宿泊先までの送迎もします。 必要な方は、ご連絡ください。

_top

一人旅にも安心なツアーをご用意しました。お一人でも各ツアーは参加可能です。お気軽にお問い合わせください。

根室のツアーは,全て貸切ツアーです。クルーズツアー以外合い乗りのツアーはございません。仲の良い仲間同士あるいはご家族などでもお気軽にご利用ください。

旅行全体のご相談はこちら

バードウォッチングツアーのお問い合わせはこちら
ネイチャーウォッチングツアーのお問い合わせはこちら
チャーターツアーのお問い合わせはこちら
クルーズツアーのお問い合わせはこちら
カヌーツアーのお問い合わせはこちら
フットパスツアーのお問い合わせはこちら

_top

人の営みと自然が共存する世界

そこは,奇跡の森と呼ばれる太古の森,野鳥の楽園と自然が織り成す絶妙のハーモニー。 人と野鳥たちが近くで暮らす。はるか昔からの営みは心躍らせ感動を誘います。280種以上の野鳥たちは季節ごとに私たちを迎えてくれます。

春は、渡りの季節、いろんな水鳥たちがやってきます。 草原では、コヨシキリやエゾセンニュウ森の中ではアカゲラやクマゲラが出迎えてくれます。

冬は,オオワシ・オジロワシ・オオハクチョウ・etcが見られます。

根室は野鳥の宝庫! 実に360種類以上の野鳥が確認されています。日本の野鳥の2/3を占める種類の多さです。 日本で一番の野鳥の種類を確認できる場所と自負しています。

世界の憧れの場所,四季を通して野鳥を楽しみましょう。 初心者の方でも安心!どんな鳥との出会いがあるか楽しみですね ここでなければ会うことのできない鳥たちもいます。

夏には,草原や森に本州で冬をすごした鳥たちがやってきます。その見事なさえずりときれいな体を楽しみましょう。 冬にはご存知ワシの王者,オオワシとオジロワシがシベリアからやってきます。森の木の枝には,信じられない数のワシたちがこちらを睨んでいます。

_top

_top

_top